ガンプラ成長日記byみー子

ガンプラが好きです。今までにつくったガンプラは100体超えてるくらいかもです。2019年からエアブラシを始めました。沖縄のことも書いていきます。

【おすすめ新書】「食の実験場アメリカ」は食からアメリカがわかる!ハンバーガーなどのアメリカンフードの誕生秘話もわかりやすい!

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

みー子(m111ko_)です。

 

今回は、鈴木 透 著「食の実験場アメリカ ファーストフード帝国のゆくえ」のブックレビューをします!

ハンバーガーやバーベキューの誕生からたどってアメリカを知っていく、お腹が減りつつもどんどん読み進めてしまうとてもおもしろい本です(*ノωノ)!!

 

 

f:id:sayadoki:20190716194632j:plain

 

本の帯をご紹介

私がこの本にひかれたのは本の内容だけではなく、帯にあるハンバーガーの写真に食欲をそそられたから、というのもあります(;''∀'')

f:id:sayadoki:20190717072037j:plain

 

新書って難しいイメージがあるのですが、こんなにもおいしそうなハンバーガーの写真があると、手に取りやすいですね(*ノωノ)

後ろの帯には内容をざっと紹介してあるコメントを引用しました。

ハンバーガーの祖国は珍妙なスシを生み出した

先住インディアン、黒人奴隷、各国の移民らの食文化が融合したアメリカの食。そこからバーベキュー、フライドチキン、ハンバーガーなど独自の食文化が形成されたが、画一化されたファーストフードや肥満という問題をも引き起こした。そしていまアメリカではスシロールをはじめとする、ヘルシーとエスニックを掛け合わせた潮流が生まれ、食を起点に農業や地域社会の姿が変わろうとしている。食から読む移民大国の歴史と現在。 

 

どうしておもしろいのか

アメリカの歴史を知らなくても読みやすい

はっきり言います!

アメリカの歴史の流れもこの本を読めば把握できるので、「アメリカのことを知らないと読めないかなあ」とか思わずにまずは読んでみてください!

みー子自身も、アメリカの歴史をまるまる理解している訳ではありませんでした。

それでも興味を持ったのは、「ハンバーガーから歴史を学べたらおもしろそう!」という単純な理由からです。

本の中にはアメリカの地図も掲載されているので、より理解しやすくなっております!

「食べ物からこんなにも歴史を紐解いていけるんだ~!」と本当におもしろく読むことができました!

 

アメリカのファーストフードの歴史がわかる

  • どうしてマクドナルドは超巨大企業へとのぼりつめていけたのか
  • どうしてマクドナルドのようなファーストフードがどんどん進出していけたのか

 

マクドナルドが当時のアメリカ社会の流れをうまく把握して、どのような戦略をたてて大成功したのかが大変わかりやすく書かれています!

マクドナルドだけではなく、宅配サービスを生み出したドミノピザの背景や、ケンタッキー・フライド・チキンなどのアメリカを代表するファーストフードの歴史も学べます!

また、今後のアメリカはどういう変化が必要とされているのか、これからアメリカは食を通じてどのように変わっていくのかもわかりやすく書いてあります!

 

移民の流れがわかる

移民とともにやってきた彼らのソウルフードは、どういう変化を経てアメリカに組み込まれ、新たなアメリカとしてのソウルフードとなったのか、という流れもすっと頭にはいるような丁寧な文章で書かれています!

 

本の最初で植民地時代のアメリカの食文化が書かれているのですが、白人入植者も最初のころは黒人や先住インディアンの知恵を借りないと食べていけなかった、というみー子的には衝撃的な事実を知ることもできました。

f:id:sayadoki:20190716194700j:plain

 

特に興味深かったところ

ページをめくるたびにおもしろくて、こんなにおもしろい新書があったんだ!と思うくらい楽しく読むことができました。

特に印象的だった部分が以下の点になります!

 

  • 先住インディアン黒人奴隷のおかげで白人入植者たちはご飯を食べていた
  • バーベキューやハンバーガーの成り立ち
  • もともとは健康食品だったコカ・コーラ
  • ファーストフードを肥やした当時のアメリカの状況
  • ヒッピーたちが目指した自然食品・健康食品の行方
  • 肥満大国から抜け出していくための戦略

 

などなど、アメリカの歴史を食の観点から見ていくと、とても理解しやすいです!

f:id:sayadoki:20190716192219p:plain

 なぜ禁酒運動が起こったのか、なぜ禁酒運動はおわりを迎えたのか、その背景にはどのような人たちが動いていたのかなどなど………

おもしろかった部分をあげると本の内容全てをあげてしまいそうなので、ここらへんでとどめておきます(;^ω^)

 

最後までみてくださり、ありがとうございました!

 

食の実験場アメリカ-ファーストフード帝国のゆくえ (中公新書)
参考価格:950円
先住インディアン、黒人奴隷、各国の移民らの食文化が融合したアメリカの食。そこからバーベキュー、フライドチキン、ハンバーガーなど独自の食文化が形成されたが、画一化されたファーストフードや肥満という問題をも引き起こした。