ガンプラ成長日記byみー子

ガンプラが好きです。今までにつくったガンプラは100体超えてるくらいかもです。2019年からエアブラシを始めました。沖縄のことも書いていきます。

【初心者向け】ウェザリングマスターのBセットでここまでできる!かんたんな汚し塗装をやってみた

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

みー子(@m111ko_)です。

 

今回は、ウェザリングマスターの使い方や実際にやってみた感想をまとめました!

ウェザリングマスターは粉状で容器も化粧品に似ているので、個人的にはガンプラにお化粧をしていく感覚があったので楽しかったです(*'▽')

 

 

ウェザリングマスターってどういう商品?

ウェザリングマスターには、ほかにも種類があってどれを買うか迷いましたが、みー子はこちらの「Bセット」を購入しました!

「Bセット」には、「スノー」「スス」「サビ」の3色が入っています。

 

f:id:sayadoki:20190311145436j:plain

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.80 ウェザリングマスター B (スノー)
参考価格:648円
戦車についたほこりやラリーカーのドロ汚れなど、モデルに実物のような質感を、特別な用意もいらずに気軽に汚し表現が楽しめる新感覚のウェザリング材。

 

~なぜ「Bセット」にしたのか~

ウェザリングをしたい明確なイメージ(砂漠での戦闘シーンなど)があるかたは、そのイメージに沿って必要な色を購入すればいいのですが、、、

私みたいにどういうシーンを再現したいのかまだ掴めない人や、「とにかくガンプラを汚してみたい!」というかたには、様々なシーンで活躍できる「スス」がおすすめかと思われます!

「スス」や「サビ」は機体の劣化を表現したいときに全体的に使えるし、この「Bセット」さえあれば役にたてるかと!思われます(;''∀'')!!

 

ほかにも、、、

「サンド」「ライトサンド」「マッド」など砂漠でのシーンで使える「Aセット」

「青焼け」「赤焼け」「オイル」などバーニア周りに使用感を出せる「Dセット」など、様々なシーンごとに使える種類のものがたくさんあり、集めたくなるような魅力的なシリーズが揃っています(; ・`д・´)

 

ウェザリングマスターを使う前の準備

ウェザリングの粉を塗布するためのチップが1つ付属しています!

が、「この1本で3色やるとなると毎回色を変える度に掃除が必要かな、、、だったらこのチップは数があったほうがいいかな、、、」と思ったので、100円ショップで似たようなものをメイクコーナーで仕入れました(*‘ω‘ *)

 

f:id:sayadoki:20190313165947j:plain

 

ウェザリングマスターを使ってみた

f:id:sayadoki:20190313170155j:plain

 

「どのような戦闘をして、その結果どこに傷がついたり汚れるのか」をイメージしながら汚していくのって、なかなか頭を使いますね(´゚д゚`)

 

今回は「どんな戦闘をやってみたところで、とにかく脚の部分は汚れるだろうな、、、」と思いながらつけてみました(; ・`д・´)

 

粉状なのですがそんなにパラパラしていないので、くしゃみをして飛び散ったりすることはありませんでした(;^ω^)

結構使いやすくて良いですね!

 

f:id:sayadoki:20190313170913j:plain

 

左側に黒色を、右側は茶色をつけてみました。

1色だけだとうーん_(:3」∠)_物足りない、、、と思ったので、別の色を重ねて塗ってみることにしました。

 

f:id:sayadoki:20190313171135j:plain

 

黒色の上に茶色を塗りました!!!

うん、なんだかいい感じになりました、深みが出たというか(;''∀'')

 

f:id:sayadoki:20190313171351j:plain

 

脚の周りに汚れをつけてみました。

「どこまで汚れていくんだろう」など考えながらやっていくと、「うーん、脚の真ん中部分までは汚れないかな、、、自然な汚れって難しい、、、」と思いながらやってみました。

 

とまあ、こんな感じで全身をやってみました!!!

 

はじめてガンプラをウェザリングしてみた結果

一応、自分でテーマをつくり、想像しながら作業していました。

そのテーマは、「3度の戦闘に参加したけど、疲れちゃってもう戦いたくないよ~と思うゲルググ」です(;^ω^)

疲れた感じが出したいな~と思いながら進めていました。

 

全身

f:id:sayadoki:20190313202050j:plain

 

だいぶ暗い写真になってしまいましたごめんなさい汗汗汗!!!

パーツごとにもたくさん撮ってあるので、詳しく見ていきます( ;∀;)!!!

 

まずは脚から!

 

f:id:sayadoki:20190313202201j:plain f:id:sayadoki:20190313202213j:plain

 

胴体

そして胴体部分いきます!!

 

f:id:sayadoki:20190313202306j:plain

 

f:id:sayadoki:20190313202317j:plain

 

「あんまりやりすぎると不自然だよな~」と感じ、「でもやったらうまくいくかな~」と葛藤しながらやっていたのですが、ちょっと汚れすぎたのかな~わからないです( ;∀;)

 

腕の部分はこんな感じです!!!

 

f:id:sayadoki:20190313202648j:plain f:id:sayadoki:20190313202700j:plain

 

f:id:sayadoki:20190313202731j:plain f:id:sayadoki:20190313202747j:plain

 

腕の部分はサビを強調したくて茶色のみつけました。

肩は使い込んだ感をだしたくて、黒色のみでやってみました。

 

顔はこんな感じです。

 

f:id:sayadoki:20190313202912j:plain

 

顔自体に、あんまり汚れはつかないだろうな~と思いつつ、「でもちゃんと戦ってきたぞ!」感も出したかったので多少いじりました(; ・`д・´)

 

シールド

シールドも汚れをつけてみました!!!

 

f:id:sayadoki:20190313203037j:plain

 

「シールドは身を守るためのツールだから、たくさん汚れるはず!!」と思って

たくさんウェザリングマスターを使って汚しました(;''∀'')

 

でもこうやって写真にとって見てると、もっと汚しても良かったかな~と思います汗

 

f:id:sayadoki:20190313203224j:plain

 

まとめ

リアルタッチマーカー(足の一部のみ)と、ウェザリングマスターを使ってここまでウェザリングをすることができました!!!

 

ほとんどウェザリングマスター(「Bセットのみ使用」)でやっちゃいましたが、なかなか味がでるものですね(*'▽')!!!!!!

 

リアルタッチマーカーの使い方などをまとめた記事もあるので、興味のあるかたはぜひ以下の記事もご覧ください(*'▽')!

www.kure-choro.club

 

ウェザリング、思っていたより難しいけど楽しかったです(*'▽')!!!

最後まで見てくださり、ありがとうございました!!!

 

f:id:sayadoki:20190313204141j:plain

(戦ってばかりだ、、、と嘆く背中)

 

ガンプラ HGUC 1/144 MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン (機動戦士ガンダム/MSV)
参考価格:1728円
一年戦争末期に投入された高性能MS ゲルググキャノン がHGUCシリーズに登場。頭部やバックパックなど、一部パーツの差し替えにより「量産型ゲルググ」も再現可能。
タミヤ メイクアップ材シリーズ No.80 ウェザリングマスター B (スノー)
参考価格:648円
戦車についたほこりやラリーカーのドロ汚れなど、モデルに実物のような質感を、特別な用意もいらずに気軽に汚し表現が楽しめる新感覚のウェザリング材。