ガンプラ成長日記byみー子

ガンプラが好きです。今までにつくったガンプラは100体超えてるくらいかもです。2019年からエアブラシを始めました。沖縄のことも書いていきます。

【ガンプラドラマ第14話】キューベイ、初めてのねがい

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

 みー子(m111ko_)です。

 

ガンプラドラマ、久々の更新となりファンのみなさまには大変お待たせいたしました(; ・`д・´)

不定期にはなりますが、これからもドラマは続いていくので見て頂けると嬉しいです!

 

 

今回のガンプラドラマは第12話の続編となっています!(本当にお待たせしました)

www.kure-choro.club

 

第14話 「キューベイ、初めてのねがい」

ここはプリンズゴックが率いる軍団のとあるアジト。

プリンズゴックとチョコミントギャンが新たに生み出したキュベレイならぬ、「キューベイ」が誕生したあとで、彼らの間には親密な空気が発生していた。

 

キューベイ:

「ワタシは、お父さんとオカアサンのおかげでウマレテこれた」

f:id:sayadoki:20190620111022j:plain

プリン:

「おれがお父さんで、、、チョコミント、お前がオカアサンだとよwww」

 

チョコミント:

「まあ、包容力があるので、そこを見抜いたのでしょう」

 

プリン:

「はあっ!?!?それじゃあおれさまは父親らしい風格があったってことだな!!!!!!」

f:id:sayadoki:20190620111036j:plain

キューベイ:

「ワタシ、おとうさんとオカアサンみたいなカラダ?」

 

プリン:

「そうか、まだ自分の姿を見ていなかったのか、、、よし、鏡をもってこい!」

f:id:sayadoki:20190620111109j:plain

そうしてキューベイは、初めて自分の姿を見た。

 

キューベイ:

「これが、ワタシ、キューベイ、、、」

f:id:sayadoki:20190620111057j:plain

チョコミント:

「いかがでしょう?あなたはとてもかっこいいからだつきだ」

 

キューベイ、悩みを打ち明ける

キューベイ:

「かっこいい、、、けれど、、、ケレド、、、」

 

プリン:

「どうした?イやなことがあったら言ってみろ」

f:id:sayadoki:20190620111133j:plain

キューベイ:

白い!!?!ワタシはもっとカラフルなボディだと思ってイタ、、、」

 

チョコミント:

「説明書通りに組むと、そのようなカラーバランスが標準かと、、、」

 

プリン:

「キューベイ、おまえは何色になりたいんだ?」

 

キューベイ:

「お父さんとオカアサンのような、カラフルな色に、、、ナリタイ!!」

 

プリン:

「チョコミントよ、おれたちがこいつの願いを叶えてやらないとな」

f:id:sayadoki:20190620111148j:plain

そう語るプリンズゴックの目には、揺らがない決心がうかがえた。

きっと、自分たちが生んだ魂に責任を感じているのだろう。

 

3人は納得がいくカラーを求めて

プリンズゴック、チョコミントギャン、キューベイは3人で買い物へでかけた。

キューベイのボディをどの色にするか、みんなで実際に色をみて決めるようだ。

 

キューベイ:

「イロがたくさん!キレイ!」

f:id:sayadoki:20190620111202j:plain

プリン:

「お前がなりたい色を、ここから自由に選んでいいぞ!」

 

チョコミント:

「プリン様、大体でいいので予算を決めておいたほうが、、、」

 

プリン:

なに言ってんだい!!!こいつがなりたい色になれなくて後悔する姿をおまえは見たいのかああぁあぁああ!?!?」

f:id:sayadoki:20190620111215j:plain

チョコミント:

「すいません!!!わたしもプリン様もなりたい色になったというのに、キューベイだけ悲しい思いをさせてはいけませんね」

 

プリン:

「そうだぞ、わかればいい。

キューベイにはツライ思いはさせたくない」

f:id:sayadoki:20190620111227j:plain

そして3人は様々なカラーを見ては楽しみながら話し合った。

キューベイはどんなカラーになりたいのか。

キューベイのなりたい色にするために、何色必要か。

f:id:sayadoki:20190620111247j:plain

チョコミント:

「たくさん買いましたね、、、」

 

プリン:

「そうだな、これからが楽しみだ」

 

キューベイ:

「お父さん、オカアサン、ありがとう!」

f:id:sayadoki:20190620111258j:plain

 

3人、アジトへ帰還

そして3人はアジトへ戻ってきた。

 

キューベイ:

「どうやって、ボクのことを塗っていくの?」

 

プリン:

「心配することはないぞ、キューベイ!

オカアサンがしっかりお前のことを塗ってくれるぜえええぇえぇえぇえ!」

f:id:sayadoki:20190620111312j:plain

チョコミント:

「プリンさま、こうなることはある程度わかってはいましたが、、、」

 

キューベイ:

「オカアサン、頼んだぜえぇぇええ!!!」

 

チョコミント:

「プリン様の口癖がうつっていますね、、、www」

f:id:sayadoki:20190620111322j:plain

果たして、キューベイは無事に理想のボディになれるのだろうか!?

ガンプラドラマ15話をお楽しみに!してくださいませ!!

 

最後までみてくださり、ありがとうございました!!

f:id:sayadoki:20190620111548j:plain