ガンプラ成長日記byみー子

ガンプラが好きです。今までにつくったガンプラは100体超えてるくらいかもです。2019年からエアブラシを始めました。沖縄のことも書いていきます。

【初心者向け】水転写シールの貼り方を徹底解説!必要な道具は100円ショップで調達できる!

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

みー子(@m111ko_)です。

 

今回は、水転写デカールの貼り方を説明しました!!

「難しそうだな~」と思われがちですが、作業はとてもカンタンなのにシールじゃない感を出せるのでとてもおすすめです!!!

 

 

f:id:sayadoki:20181227150531j:plain

 

水転写デカールとは

水転写デカールとはざっくり言うと、シール(のようなもの)を水につけてからプラモデルに貼る、、、です(; ・`д・´)

マーキングデカールよりもシール感が目立たないというか、、、ともとプラモデルに直接描かれてる!?みたいに見えるのでおすすめです笑

 

こちらが水転写デカールになります!!

爪で剥がそうとしても、剥がれることはありません!

 

f:id:sayadoki:20181227150531j:plain

 

プラモデルが売っているところ(模型やさんや量販店など)で大体売ってます!!

シリーズ毎にたくさんの種類があるので、眺めるだけでもおもしろいです。

1枚400円前後で買えます!

 

f:id:sayadoki:20181227150722j:plain

 

こちらが表面(おもてめん)です!

水をつけることで後ろの台紙が剥がれて、透明になります!!

 

水転写デカールを貼るために必要なもの

水転写デカールを貼るにあたり、必要なものがこちらです!!

 

f:id:sayadoki:20181227150821j:plain

 

容器

水を入れる容器は、水を入れてピンセットが扱いやすくて底が浅いいれものなら何でもいいです(*ノωノ)

写真のミニ薬味入れは100円ショップで購入しました。

20枚も入っていて、洗えば繰り返し使えるのでコスパ抜群です(*ノωノ)

 

ピンセット

次にピンセットです!!!これは必ずほしいです!!!

水転写シールは1枚1枚が小さく、手でもつのが難しくて扱いづらいので(; ・`д・´)

 

写真のピンセットはデカールを貼るためのものですが、最初は私も普通のピンセットでやって問題なかったので、普通のピンセットでも大丈夫です!

(毛抜き用ので代用していたころもありました笑)

 

GSIクレオス Gツール MT203 Mr.ピンセット 先細曲がり (先細鶴首)
参考価格:1080円
デカールやシール貼り、マスキング作業などに適した先細鶴首タイプのピンセットです。先端はフラットタイプを採用。デリケートなデカールを傷つけずに優しくつまめます。

ナイフ

次はナイフです!!!

これはデカールを切り取るときに必要です!

 

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B
参考価格:594円
細かい作業に適したペンタイプナイフ 刃先角度32.8°なので細部まできれいにカットできます。模型工作などの作業を確かな切れ味でサポート。プラモデルのバリ取り処理などに役立ちます。

 

(一応使ってる器具のリンクを貼っていますが、こだわらなくても大丈夫です!)

 

綿棒

 

綿棒はプラモデルに貼ったあとにデカールの位置を調整したり、水を吸い取ってくれる万能なグッズです! 

 

プラモデル専用の綿棒もあるのですが、100円ショップの綿棒でも十分拭き取れるので100円ショップの綿棒を愛用しています。

 

ですが!

細かい部分に綿棒が入らない(;'∀')!というときには!!

 

f:id:sayadoki:20181227151635j:plain

 

写真左側のような細い綿棒も100円ショップに売っています!!!

赤ちゃん用のベビー綿棒は大変便利なのでおすすめです(; ・`д・´)!

 

マークセッター

あと、、、、水転写デカールって、、、遊んでいると気づかないうちに取れているパターンがありまして、、、

 

そういうときは、、、こちらのMr.マークセッターがあると便利でございます(´゚д゚`)

 

f:id:sayadoki:20181227151824j:plain

 

マークセッターは水転写デカールの貼りつきを強めてくれるツールです。

水転写デカールを貼りたい部分にこちらのマークセッターを塗るだけ!で粘着が強くなるのでとてもお手軽です( ;∀;)

 

Mr.マークセッター MS232
参考価格:270円
デカールのベースフィルムを柔らかくして、凹凸でも曲面でもぴったり密着させる軟化剤です。デカールを貼る場所にあらかじめ少量塗っておきます。2分位したら布などで軽く抑え密着させてください。

 

水転写デカールを貼る

必要なものを準備したところで、貼っていきます!!

今回はHGのユニコーンガンダムに、RGユニコーンガンダム用のデカールを貼ってRGのような情報量の多いユニコーンガンダムを仕上げます(*'▽')

 

HGユニコーンガンダムには細かいデカールがないので、RGユニコーンガンダムの説明書をみながら貼っていきます!

 

f:id:sayadoki:20181227152226j:plain  f:id:sayadoki:20181227152303j:plain

 

① デカールを切り取る

f:id:sayadoki:20181227152446j:plain

 

写真が新品じゃなくてすいません汗

デカールを準備し、貼りたい箇所の番号を探します!

今回は60番、腰の後ろ側を貼っていきます。

 

f:id:sayadoki:20181227152621j:plain

 

f:id:sayadoki:20181227152718j:plain

 

パーツでいうと、青い丸で囲っている部分です。

(背景青色なのに青い色で囲んでしまい、見づらくてすいません、、、)

 

f:id:sayadoki:20181227152831j:plain

 

1つ1つが小さいので、無くさないように気を付けてください(;'∀')

こういう小さいデカールを扱っていくので、ピンセットはとても重要になってきます。

 

切り取るとき、⑩などの番号を一緒に切り取るときがありますが水につけるときは、番号の部分はつけないほうがいいです!!!

番号の部分もデカールになっているので、水につけると番号の部分も一緒に剥がれてしまうのです(; ・`д・´)

 

② Mr.マークセッターを使う

ここでMr.マークセッターの出番でございます。

使う前に、よく振っておくことが重要です。

 

f:id:sayadoki:20181227153427j:plain

 

f:id:sayadoki:20181227153444j:plain

 

振っていくと下の部分が写真のようにクリアになっていくので、クリアになるまで振り続けてください(; ・`д・´)

 

クリアになったら、デカールを貼りたい部分に塗っていきます!

 

f:id:sayadoki:20181227154204j:plain

 

私は結構塗りたくっています_(:3」∠)_

 

③ デカールを水につける

写真の通り、文字通り水につけます!

私はいつも20~30秒ほど、適当に数えながらつけてます。

 

f:id:sayadoki:20181227154331j:plain

 

 

ガンプラの教科書などではぬるま湯を推奨していることが多いです。

ぬるま湯のほうが水よりも早く台紙とデカールが離れるのですすめてるみたいです。

(私はズボラなのでぬるま湯をつくるほうがめんどうと感じてしまいます)

 

f:id:sayadoki:20181227154704j:plain

 

ここからは私の勝手なやりかたですが、20秒ほど適当に数えたら1回取り出して、指で擦って外れる状態になっているか確かめています。

 

f:id:sayadoki:20181227155142j:plain

 

拡大したら余計にわかりづらくなってしまいました(´゚д゚`)

写真のように、台紙から剥がれてきたら準備万端です!!

 

思いっきり剥がそうとすると指にくっついたりどこかにいってしまうので、ゆっくり、優しく扱うのがポイントかな、と思います(;^ω^)

 

④ プラモデルに貼る

腰に貼るといいつつ、別のパーツになってしまい申し訳ありません汗汗汗

写真を撮っていたはずなのに、、、見つからず、、、腕のパーツに貼っていきます(;''∀'')

 

f:id:sayadoki:20181227155636j:plain

 

、、、上の写真のように貼りたい箇所めがけて置きます。

 

このとき!!!

一発で希望の場所に置こうと意気込まなくて大丈夫です!!!

水がついているうえ、Mr.マークセッター君もいるのでパーツの表面はガンガン滑ってます!

なのでピンセットで調整して、決まったら水分を抜いて固定していきましょう!

 

ここで綿棒が活躍します。

水分を抜いていくと段々デカールが動かなくなるので、位置が定まるまでは水分を抜かないでおくことがポイントです。

 

逆に、水分が多すぎてデカールがぴょいぴょい動くときは、少し綿棒を使う→ピンセットで固定を繰り返すとうまくいきます(;^ω^)

 

f:id:sayadoki:20181227155508j:plain

 

こんな感じに場所が定まったら、しばらくはできるだけ触らないであげてください(; ・`д・´)

水分がなくなったからといって、完全に剥がれなくなるわけではありません、、、

しばらく放置して、別のパーツのデカールを貼っていきましょう。

 

f:id:sayadoki:20190608103303p:plain

以上が、水転写シールの貼り方になります!!!

わかりづらい、もっと詳しく説明してほしい部分がありましたら、お気軽にコメントくださるとうれしいです。

 

以下の記事ではマーキングシールの貼り方や剥がれたときの対処法について書いているので、気になったかたは以下の記事もご覧ください!!

www.kure-choro.club

 

最後まで見てくださり、ありがとうございました!!

 

 

GSIクレオス Gツール MT203 Mr.ピンセット 先細曲がり (先細鶴首)
参考価格:1080円
デカールやシール貼り、マスキング作業などに適した先細鶴首タイプのピンセットです。先端はフラットタイプを採用。デリケートなデカールを傷つけずに優しくつまめます。
オルファ(OLFA) アートナイフ 10B
参考価格:594円
・細かい作業に適したペンタイプナイフ 刃先角度32.8°なので細部まできれいにカットできます。・模型工作などの作業を確かな切れ味でサポート。プラモデルのバリ取り処理などに役立ちます。
Mr.マークセッター MS232
参考価格:270円
デカールのベースフィルムを柔らかくして、凹凸でも曲面でもぴったり密着させる軟化剤です。デカールを貼る場所にあらかじめ少量塗っておきます。2分位したら布などで軽く抑え密着させてください。