ガンプラ成長日記byみー子

ガンプラが好きです。今までにつくったガンプラは100体超えてるくらいかもです。2019年からエアブラシを始めました。沖縄のことも書いていきます。

【中編】新卒が入社半年で適応障害になり退職した話

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

 みー子(m111ko_)です。

 

今日は早速、前回の記事の続きを書いていきます!

前回の記事をご覧になりたい方はこちらをクリックしてくださいませ。

www.kure-choro.club

 

 

病院の精神科に行ってみた

病院に行ったところからお話します!

 

初めて精神科に行くし、何を話したらいいんだろう~と思いながらいきました。

担当の先生は、淡々と質問をされる方でした(;^ω^)

f:id:sayadoki:20181213165213p:plain

「どうしてここに来ましたか」

「あなたのことを教えてください」

「会社に行きたくなくなった原因は何だと思いますか」

「周りには相談しましたか」

 

会社の方には辞めたいなど言えなかったこと、家族にも心配をかけたくなくて、未だに言えていないことを話すと、

「周りには相談したほうがいいですよ、いろいろな意見が聞けますから」と。

 

……周りに相談できなかったからここに来たんだけどなぁ(;^ω^)

 

「ここには診断書をもらうために来ましたか」

私はどうしたらいいかわからなくて来たのに、、、

この質問には驚いたし、なんなのその言い方、と思いました。

f:id:sayadoki:20181213165502p:plain

ぶっちゃけ、私の苦手なタイプの先生でしたね(;^ω^)

 

病院で知った診断書のこと

病院にいったときに、初めて診断書のことを知りました。

診断書をもらえば会社を一定期間休める制度があるんです。

 

先生のところには診断書目当てで来る方もいるらしく、気軽に発行できないのでこういう質問をされたのかもしれません。

また、会社からの指示で診断書をもらってきて休む、という方もいるみたいです。

 

一旦休職をしてみて、復帰できそうになるか様子を見る、もしくは今すぐにでも辞めるか、どうしたいのかを聞かれました。

 

その時、もう私は辞めたい気持ちが90%くらいになっていましたが、もしかしたら、、、という気持ちも捨てきれなかったので、一か月の休職をすることにし、その期間に考えることにしました。

 

いや~、診断書の発行に3000円もかかるとは(;^ω^)

期間を延長するとなると、また診断書を発行することになるので高くなりますね、、、

 

会社への連絡

診断書をもらった次のステップは、会社への連絡ですね。

これは避けて通れないのですが、本当に電話するまで時間がかかりました。

上司に電話で伝え、そのあとに支店長から電話がかかってきました。

 

「直接会って話ができないかな」というやつです(;''∀'')

 

いきなり休職したいことを伝え、会社にも迷惑をかけているなと思ったので、会社以外の喫茶店的なところで話をすることになりました。

 

私の家の最寄り駅まで来ていただきました(; ・`д・´) 恐縮です。

 

そこでのお話は1時間くらいです。

 

「体調はどうなの」

「会社の人には何か事前に言っていたのか」

「ぜひ復帰してまた頑張って欲しい」

「ここで辞めるのは間違ってると俺は思う、まだ社会人はじまったばかりだし」

「みんなそうやって悩みながらやってるんだよ、みー子は真面目すぎるからもっと気楽に構えてていいんだよ」

 

結構、励まされました。

やっぱり、この会社にいて頑張れるかな、とも思わせてくれました。

 

上司に言われて刺さった言葉

でも、、、

「休職はなるべくしてほしくない、休んだらその分歩みが止まるから。できるなら毎日少しでも来て、ちょっとずつ慣れてほしいけど」

「どうしても出社が無理なら休んでもいい。でも休んでる期間が長いと復帰が怖くなるよ。いつから来れそうか今からでも考えてみて」

 

上司の言ってることは正論です。

でも、会社に行くことが怖くてできないじぶんには突き刺さる言葉でした。

f:id:sayadoki:20181213165332p:plain

 

休職したいのはじぶんを落ち着かせたいからなのに、

どうして今からでも、復帰のことを考えなくてはいけないんだろう、、、

私は会社にすら行けない、、、私はまともな人間じゃないんだ、、、

と思いました。

 

それほど自分に自信がなかったんです。 

それでも休職したいことを伝え、なんとかお休みをいただくことができました。

 

……またまた長くなってしまいました汗

休職中どうやって過ごしていたか、退職への道のりを明日書きます!

www.kure-choro.club

 

こうやって書いていると、自分のためにもなってる気がします。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。